鏡の中

ほっぺたに手を当てて、こめかみに向かって
斜め上に手を動かします。そうすると、
鏡の中には、20年前いや、10年前のシワやたるみの少ない私がいます…。

歳をとることは、悪いことではないけれど
やっぱり女性たるもの、できれば1日でも長く
若くて美しい自分を保ちたいものです。

でももう、ここまできたら、
食事とか睡眠とかお手入れでどうこうできる範囲じゃないですよね、ってとこまで来ました(笑)

取返しのつかないところにたどり着く前に
ちょっとだけお手入れしてみたいなぁと思って。

でも、よく聞く、頬のたるみの美容整形で
「皮膚を切って縫って引っ張る」のは、やっぱり勇気がいります。

もっと痛くなくて、短い時間で、目立たない方法は?
(わがまま!でもそういうものでしょ笑)

リフトアップの最新技術では、「スプリングスレドリフト」という、
糸を皮下組織にひっかけて引っ張るというリフトアップが注目されているそうです。

弾力性のある糸を使って「つっぱる」感じがなくなったり、
糸の回りにコラーゲンがくっついてきて、
時間が経つにつれて、お肌がピンとしてきたりと、
切って縫うのとは全然違った、自然に少しずつよくなっていく効果があるみたいです。

すごいですね。「直した?」なんて言われないような
より自然に見える美容整形があるんですね。

頬のたるみが解消されていけば、きっと笑顔もピンと張って、
自信がでてくるんじゃないかなぁって思いました。

スプリングスレッドリフトって何?