大変だけど、楽しかった

私は、4人兄弟の一番上で、国立大学にいくことを切望されていました。でも、センター試験では緊張のあまり貧血、2次試験では風邪を引いて高熱とさんざんな受験で、結局落ちて滑り止めで受かった東京の私立大学に進むことになり、学費を出してもらう代わりに奨学金とバイト代で暮らすことになりました。ですが、学生の本分は勉強ですから、そんなにバイトもできません。いつもお金がなかった私は、友達の付き合いで【セゾンカード】を手にしました。買い物や帰省時にカードを使うようになりました。でも、すぐに限度額一杯になりました。そんな風に貧乏学生暮らしは続き、実家に仕送りも頼めず、ついには【モビット】で契約し、返済に当てるようになりました。4年生で授業数が減り、バイトも増やし余裕が出てきて返すことができました。大変だけど、一人暮らしは楽しかったですから、後悔はないです。

学生でお金を借りることに関して人はリスクも多いし、利息を払うのもバカらしいと言いますが、大人も皆やってることで、自分の返せる範囲で頑張るなら良いのではないかと思うのです。学生は遊びたい盛りです。お金がなくて働いて、遊べないんじゃ、せっかくの青春もつまらず、お金のない自分と両親を恨んだりもするでしょう。学生でもバイトでちゃんと働くか、社会人になるまでうまく繋いでいればお金を借りながらでも楽しい生活を送れます。苦しいですが、学生でもお金を借りられるというシステムは、こわいことかもしれませんが、貧乏学生にとってはありがたいことなんです。借金返済がずっと続くつらさもあるかもしれません。でも、返済しきれなくなる前に気を付けてさえいればちょっとずつ返しながら普通に生活を送ることは可能だと思います。

老人ホームに看護師がいるの?

以前私が働いていた老人ホームでは看護師が三人働いていました。医師が常駐している訳ではないため、直接的な医療行為を行うことはできませんが、医師の指示があれば簡単な医療行為を行うことができました。私の当初思っていた老人ホームのイメージはヘルパーさんのみが施設に常駐していて、看護師はいないものと思っていました。しかし、実際には看護師がヘルパーと協力して仕事をしており、お互い専門分野に特化して働いていました。両者が協力して働くことで利用者が安心して生活ができることにとても感動したのを覚えています。ただ、中にはお互いの仕事の理解が足りず、意見の衝突もありました。しかしそれはどのような仕事においても避けては通れない問題であるので、それに対しての驚きはありませんでした。

以前、私の妹が有料老人ホーム看護師に転職して働いていました。そこでは看護師もヘルパーも隔たりなく業務に従事していたと聞いたことがありました。もちろん看護師にしかできない業務は多々ありますが、基本的にはヘルパーを一緒の業務を行っていたようです。看護師の中には、専門的な仕事が少ないと感じてしまい辞めてしまう人もいたそうですが、多くは長く働いているようでした。利用者にしてみれば、看護師もヘルパーもお世話をしていただける存在に変わりません。また、働く立場からしても、利用者との関係はかわりません。自分自身が納得して働ける環境にあるのであれば、仕事の範囲や業務の専門性はさほど問題にはならないのだと思いました。だから妹も看護師としてそこで長く働いていたのだと思います。

パン屋めぐり

最近パン屋さんのパンにハマり、いろいろなパン屋をめぐっています。
今一番好きなパン屋は、通勤の時によく利用している駅のデパ地下のパン屋さんです。

百貨店ということもあり、全体的に値段は少し高めですが、
やっぱりその分?めちゃくちゃ美味しいんです。
私はシチューやグラタンが中に入った、フランスパンのような生地のパンが大好きで、
ここのお店のパンはそれらが半端なく美味しくて、たまにの自分へのご褒美として買っています。

他の美味しいお店も探したいなと思って、食べログとかで調べて、休日はパン屋めぐりをしています。でも家の近くのパン屋の1つが実際に行ってみたら閉店していてショックでした(ToT)
食べログにはとても美味しかった!とたくさんの方が書いていただけに食べられず悲しいです。
是非ともまた復活して欲しいです。

あと、パン屋めぐりをするだけでなく、自分でパンも作ってみたいなあと最近思い始めました!
きっかけはふと本屋さんに行ったとき、電子レンジのオーブンで焼けるパンの型付きのレシピ本を発見したことです。

レシピ本によると、だいたい1回100~200円くらいで作れるとのことでした。
型も、ドーナツ型とスクエア型に2パターンありました。

今度買いに行く予定です。
パンの味も自分で自由に選べるので、作るのも食べるのもとても楽しそうですよね。
作り方もそんなに難しそうではなかったので、子供でも難なく作れそうな様子でした。
買ったら早速オリジナルパン作りチャレンジします!

アトピーだったうちの子が、もう10歳になるって感慨深いです

来月で子供が10歳になります。
まだまだ小さな子供っていうイメージがあったのですが、気が付いたら、もう2分の1成人式を迎える歳になるんですね。
この10年間、あっという間に過ぎ去ってしまったなっていう印象です。

赤ちゃんのころは肌が弱くって弱くって、スキンケアに苦労しました。
ほっぺたや、ひざの後ろ側とかカサカサになったり、真っ赤になってしまって、すごく痛々しかったです。
乾燥肌がひどいんだなって、ずっと思っていたのですが、定期健診で小児科に行ったときにアトピーと言われて、ビックリしました。
自分や、自分のまわりにアトピーの人がいなかったから、そんな考えは全然浮かばなかったんです。

けれど、アトピーと診断されて、ほっと一安心もしました。
乾燥肌だと思っていたときは、なにをやっても綺麗にならない子供の肌を見て、自分はきちんとスキンケアもしてあげられないのかって、落ち込むこともありました。
ですので、アトピーだとわかったときは、これは乾燥肌じゃなかったんだって、少し救われたような気がしました。

アトピーのケアといったら、ステロイドが有名ですよね。
わたしもステロイドを使ってアトピーケアをしていました。
ただ、使い続けることに少し抵抗がありました。
ですので、ネットでいろいろと情報を探しまくりました。

スパーレはアトピーにいいという情報を見つけたのも、この時でした。お値段のことで旦那さんの許可が出なくて諦めましたけど。ほかには、アトピーにいいシャンプーやサプリメントも見つけました。

アトピー対策として、いろいろと試してきたけど、大きくなるにつれて、だんだんと肌が綺麗になってきました。
いまでは、アトピーだって言わなければほとんど気づかれないレベルにまで改善することができました。
綺麗になって嬉しいけど、なにより、子供がかゆがらないのが1番うれしいですね。

男も美意識が高い

ふとドラッグストアに立ち入ると、男性用のケア用品がたくさんあることに驚きました。
効果は似たようなものなのですが、様々なメーカーから商品が発売されているのです。
昔は制汗剤などのにおいケア類がほとんどでした。
今は男性用の美容用品も多く取り扱っているみたいですね。

私の親世代なんかは、男が化粧水などをつけてると困惑する世代でしょう。
男が何チャラチャラしてるんだという感じで怒る人もいると思います。
私が床屋から美容院に変えたときも、色々言われたぐらいですもん。

でも現在は美容院で髪を切る男性も増えています。
少しオシャレに気を遣っている男性は、大体美容院に通っているのではないでしょうか。
整髪料の使い方もうまい人が増えましたね。

私が高校生のときも、オシャレが命みたいな人はいました。
休み時間にアイプチを使っているときには驚きました。
今は男性のアイプチ使用率が、もっと高いかもしれませんね。
二重になりたいからこちらのナイトアイボーテを使っている人もいるぐらいです。

どんどん男性が中性的になっている感じがします。
特に都会はその傾向が強いかなと思います。

田舎は男くさい男性がモテますが、都会はスマートな感じの男性がモテます。
東京に行ったときに、オシャレな男性ばかりだなと感じましたもん。
芸能人を見てもそういう傾向にありますね。

私はどちらかというと、スキンケアなどは最低限で留めていますね。
男が気を遣いすぎるのは、変だという考えです。
でも多種多様な考えがあっていいと思うので、とやかく言うつもりはありません。

だって私も10代、20代の頃は変な格好をしたりしてました。
歳を重ねて少し偏屈になったのかもしれません。
もう少し柔軟な考えを持つことにします。

綺麗な肌を保つには

女性にとってお化粧をすることは身だしなみだし、綺麗にお化粧をして出掛けることが
楽しみな女性も多いと思います。

最近では色々なメイク道具もあり化粧一つでも何を使おうかと悩んだりもするけれど、どんなに綺麗にメイクをしても
元々の肌が綺麗でないとメイクをしていても見るからに少し残念な気持ちになってしまうことが多くて
化粧水や美容液を良いものを使えばいいなと考えがちになってしまうのも現実だなと感じます。

実際、疲れて帰ってくると化粧を落としてから寝るというのが億劫に感じてしまう時もあったり
帰ってきて、そのままベッドにダイブしてしまったりと誰でも一度は経験しているのではないかなと思う。

スキンケアの中で一番重要なのはクレンジングだと私は考えていて、化粧をして綺麗にしてはいるけれど
一日外に出ると化粧をしている上に汚れや皮脂などの分泌もあり、朝出掛ける時とは違い
きれいに洗う必要があるからです。

化粧をちゃんと落とさずに寝ると肌荒れの原因にもなるし、私の場合はとても気持ち悪いなと思うので
メイク落としを欠かさないよう、どんなに疲れていてもお酒を飲んで結構酔っていても
気を付けている。

化粧落としにはダブル洗顔と言って、メイク落としをした後に洗顔料で顔を洗うことなのですが
疲れて帰ってきてる時は、とっても面倒に感じたりするもの
何か良いものはないかなと考えて色々なメイク落としを探していたところ

タレントさんのブログ等で紹介されているマナラホットクレンジングゲルを目にして
とても興味が湧いた。

ダブル洗顔する必要もなくて洗い上がりも美容液配合されているから、潤いを感じることができて
とっても嬉しい商品。肌が弱い私はパラベンフリーの化粧品を使うことが多いので
そこもイチオシな理由です。

一日の汚れを ちゃんと落として綺麗な肌を維持させていきたいなと思うのは
どの女性も思うこと。一度試してみるのもいいかなと思います。

産後のシミには対策をしっかりととりましょう!

http://xn--xck3d324nwbs.site/
産後のシミ。私には関係のないことだと思っていました。一人目を産んだのが20代半ばでした。その時はシミ一つできませんでした。なので私は産後であろうがシミのできない体質なのだと豪語していました。当然お肌のケアもあまりしていませんでした。
2人目を産んだのが20代後半です。2人目を出産してから私にもいくつかの茶色いシミが顔に現れてきました。シミはできない体質だと思っていたのでかなりショックでした。
必要以上に紫外線を浴びてしまうとメラニンが必要以上に生成されシミの原因となるので、それからは夏でも冬でも日焼け止めを塗って外出するようになりました。
私は産後のシミを侮っていました。私だけは大丈夫と思っている方は注意が必要かと思います。

できてしまったシミは肌ケアによって薄くはできても消すことは難しいです。
出産後は何かと忙しくて自分のことは後回しにしがちですが、シミが出来る前に事前にケアをすることが大切かと思います。
私の友達も出産後は特に日焼けをしないよう、こまめに日焼け止めを塗っているそうです。
日焼け止めを塗るだけであれば数秒で終わるので、産後の忙しい時でも必要最低限のシミ対策として取り入れた方がいいと思います。
妊娠、出産によってホルモンバランスが崩れるとシミが出来やすくなります。まだ20代だから大丈夫と思っていると後で後悔します。
出産後こそ特に気にかけて肌ケアをすることが大切だと身を持って実感しました。
シミができてしまってから後悔しても遅いのです。シミが出来る前にしっかりと肌ケアをして出産後も若々しいママでいたいですね。

温野菜サラダの力

最近は朝に霧がかかって、外が明るくなるのが遅いです。
そのせいにしてはいけないのですが、朝に気づけずにいつもより遅い時間に目覚めてしまいます。
太陽の光を感じられるように、枕元に薄めのカーテンにしているので、いつもなら太陽の光で自然に起きられていました。
夏はちょっと早すぎて、大分早起きの生活をしていましたが、それはそれで朝の時間に余裕ができていいものです。
なのですが、最近は9時なってやっと太陽が顔を出すのでさすがにまずいです。
明日からはケータイのアラームを目覚ましに使うことにします。

私は朝ご飯は軽く食べる方です。
ご飯でもパンでもどちらでもかまわないのですが、かならず温野菜のサラダを食べるようにしています。
大量に下湯でしておいた野菜を冷凍して、朝食べる時に解凍して、温めるだけの簡単なサラダです。
以前は大好きなマヨネーズで食べていたのですが、ダイエットを始めてからは、オリーブオイルと塩や、酢、醤油など、日によってオリーブオイルと○○、と味を変えてドレッシングとして使っています。
オリーブオイルはそれまで使ったことがなかったのですが、色々な使い方があって便利ですね。
焼き物をする時の油や、ドレッシング、和え物の香り付けや、洗顔する時のクレンジング代わりや鼻の白い角栓を取るのにも使うことができます。
こんな鼻の白い角栓を取る方法もあるのか!と友だちに教えてもらってびっくりしました。

普段使い用に安い奴と、ちょっといい奴をそろえておくと使いやすいです。
温野菜のサラダをオリーブオイルで食べるようになってから、お腹の調子も良くなり、トイレに通う回数が増えました。
ただ、朝寝坊してしまう時は、時間がなくて食べられないので、最近は朝ご飯抜きな日が続いています。
なのでおでこやあごの下にニキビが出来てしまいました。
野菜の力おそるべし。
明日からまたきちんと朝ご飯が食べられますように。
ケータイ頼みです。

今では手放せないカラコン

私はもともと黒目が小さいほうの人間でした。中学生の頃はまだわからなかったのですが、どことなく違和感は感じていました。別に目は小さくないのに何でこんなに可愛くないのだろう。その答えは黒目の大きさにあると気づいたのは高校時代です。同級生にコンタクトレンズで黒目を大きくをしている友人がいてその子に聞き自分も購入してみました。入れて鏡を見るとまるで別人のようでした。感動とはこういうことを言うんだ、改めて実感した瞬間でした。今では大学生になりましたが、すっぴんでもカラコンを入れることは忘れません。瞳は顔の中でも一番といっていいほど大事なパーツだと思います。よりナチュラルに清楚に可愛らしい雰囲気になれるよう毎日カラコンを探して、試してを繰り返す日々はまだまだ続いていくんだろうと思います。

男の友人はカラコンしている女の子でも可愛ければオッケーと言っていました。時代的にはカラコンを入れて可愛くなる努力というのは認められてきたのかなあと思う次第です。しかし私の母は、カラコンに対してあまりいい印象がない様で偽物の可愛さ作って何がいいんだとテレビに映る芸能人を見ながら言っています。可愛くなる努力としてメイクはいいのにカラーコンタクトが認められないのはなぜなのでしょうか。実際芸能人のように顔が整っていれば三白眼と言えるほど黒目が小さくても美人であるということはできると思います。しかし、わたしのような一一般人が三白眼であればただ怖い、キツイという印象を与えてしまうだけです。一般人が少しでも可愛くなるための方法としてカラコンはとてもいい方法だと思います。

水でアンチエイジング

先月、横浜まで友達のステージを見に行ってきました。
その友達とは学生時代からの長い付き合いです。
いつの間にか2人とも30歳を過ぎたということは、もう友達歴が軽く10年を超えました。
そこまで長く付き合える友達はそれほど多くないのでとても貴重です。
お互いのことはそれなりに理解しているし、気軽に悩み相談ができる大切な存在です。

一緒にしゃべって笑っていると、2人も学生時代をさほど変わっていないような気がします。
でも、ステージを見たらに明らかに違いを感じました。
友達がステージで披露していたのは、インドのベリーダンスです。
水着のような、下着のような格好で、とてもセクシーな踊りをしていました。
私の友達もそれ以外の出演者も、お腹が丸出しの格好です。
10年前ならともかく、今の私にはとても挑戦できない衣装ばかりでした。

さらにビックリしたのはその動きがあまりにハードだったことです。
しかも表情はニコニコしたままで、全く苦しそうな様子を見せません。
私の友達ももちろん、出演している全員にプロ意識があることを感じさせました。
そして、きっと何度も何度も練習を重ねてきたのだと思います。

しかし、私の友達はかなりハードな仕事をしています。
忙しいなかでそこまでダンスのために費やす時間があるとも思えません。
あとは、どうやって美しい体型と健康を維持しているのかも気になりました。
ステージのあとにお茶をする時間があったので聞いてみたら、水にこだわっていることを教えてくれました。
伊藤園の水素水を毎日飲んでいるそうです。
サプリメントとかエステの話が出るかと思いきや、まさか水に関する情報が出てくるとは意外でした。
アンチエイジングのためにも、私も試してみようと思いました。

伊藤園の水素水は⇒⇒こちら